ROBINSとは?|新システムのご紹介

ネット空間で特定の企業に関する信頼できる情報を手に入れることは、実は簡単なことではありません。 


ROBINSReference oBusiness Identity for Networked Society)は、企業に関する信頼できる情報を提供するシステムです。

 

 

<運営団体>

●一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

●日本行政書士会連合会

 



ROBINSには、二つの重要な機能があります。


一つは、「この会社の名前はこのとおり」「住所もこのとおり」「ホームページのURLもこのとおり」というように、身元確認がなされた企業のリストとしての機能です。つまり、「この企業はこのような裏付けが取られている安心できるので、安心して取引できる企業です」というように、ホワイトリストとして掲載されるのです。


 

もう一つは、行政や様々な組織により付けられた各種コード(会社法人等番号、証券コード等)間をひも付ける機能です。日本には様々なサービスや情報が散らばっています。特に公的な番号なども別個に管理されており、なかなか企業の全体像を把握することが難しくなっています。それらを一つのシステムに集約することで、「アピール」「信頼性の向上」が期待されます。

 


ROBINSはこれらの機能により、ネット空間で事業者(企業、個人事業、非営利事業者)に関する、信頼できる情報を提供します。

 

 

積極的アプローチにおける「信頼性」

積極的に営業をしかけるとき、「どこの誰だか」を伝えるために「信頼性」をROBINSで補強します。

インバウンドにおける「安心感」

取引先を検討中の企業が御社を見つけたとき、パッと見て「あ、ここなら大丈夫そうだ」と思わせるための「安心感」をROBINSが提供します。

ROBINSの活用のしかた

 

ROBINSの「使い方」「考え方」などを語るブログです。考えるきっかけにしてもらえると幸いです。

 

 

>> ROBINSブログ

 


ROBINS掲載の流れ -基本-

 

次の順番で進めさせて頂きます。

 

  1. 登記簿を参考に、基本的な情報を入力させていただきます(写真データなどもメールでお送りください)
  2. 御社に対するインタビュー
  3. インタビュー内容に基づき、ROBINSのPR情報等を入力(裏付け書類を拝見させて頂きます)
  4. 当事務所が用意する確認書類に押印。
  5. 「確認済み」情報として掲載

 

 ※お写真については、お客様の事業所の特徴的な写真や、企業ロゴなどでも結構です。

 

各種ヒアリングを重ね、書類の閲覧や反社会的勢力に関わりのないことの確約書に押印をいただくなど、厳格な確認審査をさせていただきます。詳細はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

費用は、100,000円(登録及び認証費)、更新費は50,000円です。 

 

 

問い合わせ or 登録ご希望の方